イメージを左右する

結婚式の招待状の変遷とは

日本で結婚式の招待状が送られ始めたのは大正時代のことと言われています。結婚式の招待状は当初新郎の父親の名前で送られていました。これは古くからの結婚は家と家の結びつきという考え方の影響と考えられています。やがて両家の親の名前で送れるようになり、現在では結婚するふたりの名前で送られることが多くなってきています。 また、以前はホテルや結婚式場が用意した招待状を送ることが一般的でした。しかし最近は封筒や紙にも趣向をこらしたふたりらしいものを送るカップルが増えています。結婚式の招待状はゲストが最初に手に取って結婚式のイメージをふくらますものですので、ゲストへの気持ちが伝わるような素敵なものを送りたいものですね。

ゲストに受け入れられるものを作りましょう

結婚式の招待状は「ふたりらしさ」「ゲストへのおもてなしの気持ち」を伝えることができるもの、というのが主なテーマになっています。 ゲストの中には若いふたりの友人もいれば、年配の上司や御親戚の方もいらっしゃるので、どなたにも受け入れられるようなものにすることが大切です。つまり、少ししっかりした厚めの紙を使用して、紙自体に高級感や安定感を持たせること、その中にもふたりらしいリボンやフォントの工夫をするとでしょう。また、和モダンを意識したものや、立体的な裁断をしたものなども人気があります。 印刷は家庭用プリンターでもある程度美しく仕上がりますが、プリンターで使用できる紙の厚さに制限がありますので注意が必要です。